プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年3月28日水曜日

組み合わせ

それぞれのパソコンとソフトの組み合わせや役割。

Windows7(メイン)・・・Premiere Pro CS5

Mac mini/Windows7(サブ)・・・iMovie/Premiere Elements 9

Macbook Air(ノート)・・・iMovie

会社に持っていったキューブ・・・Premiere Elements 9

仕事の大半は自宅のメインでやってます。そのサポートがその他です。
Proで設定が面倒、もしくはクライアントに対して安く映像を提供するために軽作業に落とすためにその他の編集機材を使います。

難しいのは手抜きと軽作業の差?

実際、テレビ番組を作るのとは予算が違うためにコンパクトに作業をしないといけないので試行錯誤です。そもそも、テレビのディレクターとかはカット編集さえできれば、あとは編集所でプロのオペレーターさんがやってくれるものなので、クオリティが上がる分予算が掛かります。

インターネットでの動画PRなどを中小零細、個人店なんかのためにとなると、とにもかくにも自社で完結っていうのが必須に。

普通に家庭用ホームビデオ、思い出のまとめって考えたら、オープニングやエンディングだけ細工して、あとは上手に言葉を使って局所的に音楽を使ってってやれば良いだろうと思いますので、Premiere ProとかじゃなくてElementsとかiMovieとかで大丈夫な気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿