プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年3月29日木曜日

リビングPC

これもキューブPC同様に余った部材から作ったのですが、こちらはノートの余り部材からAOpenのXC Mini GP7A-HDというベアボーンで組みました。

DELLのXPSというノートを使っていたときにCPUをT7100からT9300というのに交換していて、余っているのがもったいないなということで、そのCPUを使えるものをと探していて見つけて買ってしまいました。

自分が持っているMac miniの一世代前とほぼ同等のレベルの能力という感じ
なのですが、リビングでテレビとつないであって家族で動画を見たりとか本当の軽作業しかしないため、実力的には有り余った状態です。

結局のところ、余り部材を有効に使っているようで、でも全部が揃うわけじゃないのでパーツとかベアボーンとか買い足していたら、いつの間にやら台数が増えてしまっているというのが実情です・・・。

でも、そういうことをやっていると色々と勉強にはなります

パソコンの構造だとか組み立てだとかではなく、様々なグレードのものを使う機会があるために、どのレベルなら負荷を掛け過ぎずに編集とかできる?という感じで。

以前、人にWindows7の64bitでCore i3、グラフィックはIntelというのでPremiere Pro CS5を試しましたが、それは完全に無理があるというか、AVCHDの編集そのものはできても書き出しとか含めて仕事用にはならないなとか、そういうのも大事な経験だったり。

これで一通り持っているパソコンの紹介は終えましたが、結局はメインPCとMac miniの話に今後はなると思います。

自分のMac MiniはCore 2 Duoでしかないですから、色々と試すにちょうど良いところでもあって、Miniでできるならば大体の現行機種で大丈夫?構造を考えればノートでもいけなくない?という指針にはなると思いますので。

0 件のコメント:

コメントを投稿