プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年4月15日日曜日

F4V

先日の再生時の音の遅れの原因はやはりF4Vでした。MPEG2のHDTVクオリティで書き出し直したファイルでの再生は全く問題がありませんでした。

はやり、Core 2 Duoの中でもノートの普通クラスのCPUと気持ち程度のグラフィックではF4VのHD再生には限界があるようです。

ファイルとしては小さいのでリビングPCにストックするには持って来いなんですが、再生で問題があるとなると話にならないので、今後はやむを得ずMPEG2でということに。

パソコンで編集して最終的にどういう形で保存するのかというのは状況によりけりでしょうが、BDでないならば無理に一般向けのDVDにするぐらいならHDクオリティのファイルのままあげた方が画質的には設定など含めて楽だろうと思います。

最近のパソコンならHDMIが付いているんだし、TVサイズで見たければモニタアウトすれば良いだけですから。

ただ、尺が長すぎるとファイルが重くなりすぎて人にあげる方法が難しくなるので、そういう時はさすがに圧縮して画質を落としてでもDVDにしないといけないのかも、というぐらいで自分は考えてます。

0 件のコメント:

コメントを投稿