プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年6月15日金曜日

HDD続き

先日はNTSFとFAT32のことを書いたんですが、exFATっていう便利なのもあります。
ただ、XPとかをまだ使っていたりMacがOSX10.5とかだと対応していなかったりというのがあるので書きませんでした。

しかし、今動画編集をと考えてこのブログを見るとすれば、比較的新しいものを使っているだろうと思いますので追記します。

exFATというのはWindowsでもMacでも読み書き可能なフォーマットで、ファイルの最大サイズも理論上いくらまでというのはあるんでしょうが、使う分に困るような制限があるということはありません。

自分の場合、Mac miniはBootcampにしてあるのでexFATの外付けを2台付けてます。そこにデータを放り込めば、WindowsでもMacでも読み書きできるので、取り外すことなく使えるということに。

先日、面倒だったのは、編集用の素材がMacのためのフォーマットできたためにということなんですが、exFATの外付けに落とせば簡単にWindowsサイドでも開けます。

ではなぜそうしなかったのか?というと、別電源を使っている外付けを外して使いたくないというだけのことだったり。。。

自分の場合、編集用のPCは全く別ですので、そこまでデータを持って行くのにはポータブルが良いんですが、その中で余裕で70GB以上が入るのが1つしか空いてなくて、その他もデータを消せない状況だったので、ちょっと面倒な段取りを組んだという訳です。

いずれにせよ、やってできないってことはないのですが、WindowsとMac、もう少し仲良くなるか、どっちでも構わないので一本化されてしまえば良いのになぁなんて思ったりもします。

0 件のコメント:

コメントを投稿