プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年7月19日木曜日

Macbook Air Bootcamp その2

Windowsをインストールし終わって普通に動くことを確認。

そこでライセンスの認証をしようとしたら、120日経てばライセンス認証の過去のデータは消えて再インストール可能なはずなのにできませんでした。

他のPCで使用中という扱いのようで。

自動電話認証も試みてみたのですが、最後の最後で「このOSを今までと同じパソコンにインストールするなら0を、他のパソコンにインストールするなら1を」みたいなこと言われ、まじめに別のパソコンとしたら「1を押したら専門スタッフにおつなぎします」と。

専門スタッフに聞いたとてライセンスは1OSで1台のPCと言われるだけのことで、別の本体にインストールするならもうひとつライセンス買うとかそんな話でしかないと思ったのでそのまま電話切りました。

ということで、無理にMacbook Airの少ないSDD容量を分割してWindowsを入れるのはやめて、Premiere ElementsをダイレクトにMacに入れて使うことにしました。

それに伴い、下記の条件でPremiere ProとPremiere Elementsを使っていこうと思います。

Macbook Air
Premiere Elements

Mac mini
Premirere Pro

正直、自分が持っているMac miniのCore 2 Duoの2.4GBというCPU、Geforce320MというレベルのグラフィックでPremiere Proをまともにというのは苦しいと思いますが、とりあえずは実験という意味も含めて、たいした作業ではないときに使ってみようと思います。

ですから、せっかくやったMacbook AirのBootcampは全く意味をなさず、今はすでに元通りのMacに戻しています。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿