プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年7月19日木曜日

Macbook AirにPremiere Elementsインストール

インストールは手間取ることもなく、Logitecの旧型外付けドライブから難なくできました。

実際起動させてみて、SSDの早さを感じつつも、自分が通常使っているHDDのWindowsデスクトップと比べてみれば大差ない感じです。

とりあえずHDVの素材を動かしてみましたがUSB2.0の外付けから読み込んでの作業ですが普通に再生されていますし、エフェクト関連を掛けても固まったりということもありません。

あまり部材で組んだWindows Vista、Geforce9300、Core 2 Duo E8500、4GBのRAMよりもはるかに軽快に動いています。

まだ書き出しまではいっていませんが、これならばどうにかなりそうな予感です。

ただ、11インチというモニターの小ささだけはどうにもなってません。

本気でMacbook Airだけで編集をしようと思うならば、別のモニターにつないでというのが現実的だと思います。

ThunderbortもしくはMini display PortからDVIに変換したりHDMIに変換したりというために備品購入しておいた方が数千円の話なので良いように思います。

また、トラックパッドで細かな作業というのも苦しいところで、マウスも用意しておいた方が良いように思います。

実際にもう少し具体的な作業をしてみてですが、Macbook AirでPremiere Elementsを使った最初の感想はそんなところでした。


1 件のコメント:

  1. VW1300sさんはじめまして
    この度vwさんと同スペックのAirを購入を検討しているものです。
    自分は動画編集をMacで行う主な作業としたいんですが
    Airでは厳しいでしょうか?
    より詳しい解説をお願いできたらと思いましてコメントしました。
    よろしくお願いいたします。

    返信削除