プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年7月28日土曜日

Macbook AirとPremiere Elementsの相性

HDV素材を簡単に編集してみましたが、一点気になる症状が。

タイムライン上でカットを移動させる際に、ノイズというレベルではなく、タイムライン全体が見えないぐらいにおかしな画面になります。


移動し終わると元に戻って普通に編集が可能。一体なぜそうなるのかわかりませんが、現状、その症状以外の問題は起きていません。


が、この問題は非常に重要というか、一つでも問題があれば問題なわけで。


Macbook Airでというよりも低スペック、もしくはMacでPremiere Elementsという選択そのものに問題がある可能性すらある状況です。


ですので実験を繰り返した結果起きた状況を参考として画像も上げておきます。
今後、調べて続報を入れるつもりですが、何が理由なのか、それが設定なのか相性なのかすら現段階ではわかってません。



※上記の画面下位置にあるタイムラインがノイズだらけになるので、繰り返し実験をしていたら「重大なエラーによりAdobe Premiere Elementsを終了しなくてはなりません」というような悲劇的メッセージが出てきてしまいました。


0 件のコメント:

コメントを投稿