プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年8月19日日曜日

Mac mini 2010/2011の分解と改造2

やはり、2010と2011でMac miniの基盤は違いました。

形状は全く同じなのですが、光学ドライブを載せる想定となっている2010の方がコンデンサなどの部品が光学ドライブの上の位置までは付いておらず、2011の方は干渉してしまう位置にありました。

つまり、光学ドライブを外さない限りは2011の基盤を2010のボディに入れることはできないということで、光学ドライブとCore i7の共存は不可能ということ。

だったら元の構成のままにすればとも思いましたが、Core 2の基盤をドライブ2台という方はすんなりと入っているので、そのままにして光学ドライブを外してしまい外付けにすることにしました。

しかし、それだけでも完全に干渉を回避することはできず、やむを得ず光学ドライブ用マウントの一部をニッパーで切ることに。これで完全に余裕で入ります。

前向きに言うならば、動画編集などである程度熱を持つという前提で考えれば、キツキツに入っているMac miniにゆとりのスペースができるというのは良いこと。さらに言えば、SSDにするつもりなので発熱はHDDよりも若干は良いものと思われます。

ということで、どうせMac book Airでも外付けは使いますし、Logitecの古いやつはUSBだけでは動かないでかいやつなので、スリム光学ドライブ用ケースを買ってそれに入れて使うことにしました。

が、ここで一点問題が。スロットインのベゼルがないので、そのままケースに入れただけではあまりに不恰好な状態になってしまうということ。ネットでベゼルを探しましたが見つからず、ようやく発見したのはYahooオークション。

で、先ほど落札しました。

実は自分は今回がYahooオークション初体験で、イマイチ段取りとかわかりませんでしたが、有料会員にならずとも4999円までのものなら入札可能で、今回のベゼルは900円スタートで即決が1000円。嬉しいことに自分以外競合もなく、900円で落札できました。送料も80円ということで1000円弱で片付いて何より。

出品者の方からのメールも丁寧で良い感じです。

ベゼル獲得の安心を持って外付け用ケースはAmazonで下記のものを購入。レビューでWindows7でもMac OSX Lionでも動いているそうなので問題はなさそうですし。
新品価格
¥1,780から
(2012/8/19 23:42時点)

これで内蔵スロットインスリムドライブもきちんと活躍させることができます。

後日、2011の基盤と2010の光学ドライブとの干渉に関しては写真で説明しようと思います。

※前回も書きましたが、このような分解改造は完全に保障を捨てるという自己責任の話です

0 件のコメント:

コメントを投稿