プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年8月28日火曜日

Mac mini Server 2011改造

Mac mini 2011 ServerをSSD256GB1台のみの搭載にして使っていますが、実に快適です。

CPUが4コアのCore i7だということもありますが、特にBootcampでSSDが有用だと感じます。

再起動でのOS切り替えもSSDの早さだと苦になることもなく。まあ、もともと使うソフトによって使い分けているのでそんな頻繁に切り替えることはないですが。

OSはMountain Lionにしましたが、SSD化してしまったので早さは以前との比較が実質的には不能。とりあえず不具合はなく早いです。

これまではWindows、Mac両方のバックアップとしてリビングPC扱いでテレビにつなげてただけですが、CPUがある程度のものなので簡易的な編集ならば問題ないぐらいですし、今後、このMac miniの使い方をちょっと考えて、もう少し出番を増やしてやろうかなと思います。

とりあえずは、リモートデスクトップとかでWindowsのメインPCから操作できるように実験して、テレビじゃやりにくい編集を本体を移動させないままWindowsでコントロールして使えるかどうか、そこら辺からやってみようかと。

まあ、動画はネットワーク経由だと転送の問題で苦しいだろうなとは思いつつ、本体での処理そのものは悪くはないでしょうし、どんな結果になるのか、遊び半分でやってみたいなと思います。




0 件のコメント:

コメントを投稿