プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年8月8日水曜日

movからAVCHDへの変換

movの動画ファイルを預かったのですがPremiere Proだと「Codecがないか、使用できません」というエラーメッセージが出てしまいました。

QuickTime関連の問題だと思うのですが調べるのが面倒だったので、Macbook Airに入れてあるPremiere Elementsで試したら一発で読み込んでくれました。

なので、Plemiere Elementsの方でmovファイルをAVCHDに一度変換してからPremiere Proに読み込んで、さらにAVCHDをF4V HDに変換して書き出しました。

この動画は仕事で「むさしのアーカイブ」という街の歴史を映像で残すということをやっているものなので、最終目的がYoutubeへのアップ。

FLVでもその他ファイルでも良いのですが、一応F4V HDで統一していますのでそれに変換を行っています。

Premiere Proの場合、そういった各種ファイル形式の数、また各形式内での細かなファイルサイズ設定などが多彩で楽なのですが、Premiere Elementsだと限られてしまうのでそのあたりは若干面倒です。

Macbook AirというよりもMacでPremiere Elementsでの編集というのに先日問題が発生しましたが、こういうときには使いやすかったり?ですね。

まあ、それ以前にちゃんとPremiere Proの方の設定を確認しておかないと、という問題でもありますが。。。

ちなみに、その動画は#2で、#1とともに下記サイトに埋め込んであります。

http://www.tesseract.co.jp/theater/musashino-archive-theater2.html

コンセプトとしては、今後、学生さんなど含めて一般からの映像提供なども一緒に入れて街の財産を残せたらと思っていますので、ナレーションや楽曲などは入れていません。

あまりハードルを高くせずに誰もが見れて誰もが作れて、そういうものにできたら良いなと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿