プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年8月9日木曜日

PowerDirector 10とVideoStudio Pro X5 無料体験版#1「インストール」

以下の構成である編集用メインPCにPowerdirector、VideoStudioともに無料体験版をインストールしてみました。



CPU Core i7 2600
メモリ 16GB
グラフィック GeForece GTX 470
OS  Windows7 Home Premium 64bit

日頃Premiere Proを普通に使っているPCなので、重さなどよりも使用感、インターフェイスなんかについてやろうと思ってたのですが、インストールから取り込みまでの間で結構差が出たので書くことにしました。

ということで、今回は無料体験版インストールまでの簡単な手順です。

まず、PowerDirectorですが、インストール段階で早速メールアドレスを入れなくてはならないと。これに対してVideoStudioの方はそのままダウンロード可能。

また、PowerDirectorはいったん落として来たファイルからさらにダウンロードが必要なのに対してVideoStudioは一度ダウンロードしてきたファイルからそのままインストール可能。

ここまでだけならVideoStudioの方が楽ということになります。

が、そこから先は全く逆転。PowerDirectorの方が良い感じです。

ダウンロードしてきたファイルからソフトをインストールする際に、PowerDirectorは外付けのUSBフラッシュメモリにインストール可能でしたが、VideoStudioは最後の段階で「重大なエラーが〜」みたいなメッセージが出てできず。理由を探すのが面倒だったので、Cドライブにインストールし直し。

PowerDirectorは音声関連も一緒にソフトに入っているのに対してVideoStudioはこの段階でメール登録を行って、そこに届いたURLから音声関連の外国語ソフトウェアのインストールが必要。

まあ、どちらも登録しなきゃ無料版使えないというのは同じことですが、あとから登録の方が気分的には良くないです。どうせ要るなら最初からの方がすっきりみたいな。

どちらも30日間という使用期限で、メールでのお知らせなどは拒否可能。

外付けUSBフラッシュメモリにVideoStudioがインストールできなかった以外は何てことない普通の作業です。

以下バナーからそれぞれのサイトに行けば無料体験版があります。

サイバーリンク
※リンク先の画面下中央に無料体験版ダウンロードがあります


VideoStudio Pro X5
※リンク先の画面中央に無料体験版ダウンロードがあります

0 件のコメント:

コメントを投稿