プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年8月7日火曜日

PowerDVDとWinDVD

ある意味、永遠のテーマ?でしょうか。

私は、昔はWinDVDを使っていて今はPowerDVDを使っています。

その理由はすごく単純で、最初のころSONYのVAIOを持っていたころはWinDVDが最初から入っていて、DELL、HPはPowerDVDが入っていると。

あわせて、現在別売で買った内蔵BDプレやーに同梱されていたのがPowerDVDのBDエディションであったということも。

実際、どちらかでないと、という程の決定的な差はなくて、だからみんな迷うということではないかと思っています。ついでにどちらも完璧に満足などできるわけでもなく。

そこで、このブログでは、これから両メーカー、CyberLinkとCORELの動画編集ソフトの無料体験版を実験しようと思っているので、その他のソフトまで含めてどちらの方が使い勝手が良いのかというのをやってみようと思っています。

たぶんですが、たとえば動画編集ソフトとしてPowerDirectorの方が使いやすければ同じメーカーであるCyberLinkのものを、ライティングソフトとしてMovieWriter の方が使いやすければCORELのものをみたいに同じメーカーで揃えてしまった方が楽だと思いますので。

あくまでも個人の感想という域を超えませんし、細かな画質の検証などすることもありませんが、ひとまず下記のものを無料体験版で比較してみたいと思っています。

PowerDirector 10 v.s. VideoStudio Pro X5
PowerDVD 12 v.s.  WinDVD Pro 11
Power2GO 8 v.s.  MovieWriter Ultimate 2010

意外にPremiere Elementsよりも使いやすかったら今後を少し考えないといけないかなとも思ってます。もちろん、自分の業務用としてPremiere Proを使うというのは変わりませんが、対一般に動画のワークショップ等を今後行うに際して使用するソフトの選定という意味では結構重要な実験な気がしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿