プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年9月4日火曜日

最近のデスクトップPCとUltrabook

このブログ、基本的にはソフトの紹介なのですが、今回はPC本体をご紹介します。

というのも、最近の仕事で周りの人たちがPCを買い替え、もしくは新たにMacからWindowsへということでいろいろとPCを探しているので、その参考になるようにということでイレギュラーです。

DELLのXPS 8500はHDDが3台も搭載可能なサイズ、つまり普通に使うにはでかいんですが、OSやソフト用のHDDと取り込みようHDDを内蔵して外付けに書き出しとか、そういう使い方をすればHDD1台分の空間が空きます。つまり、熱に対してちょこっとだけゆとりができると。

電源やグラフィック、それにBDドライブなんかはあとから自分で状況に応じて揃えるという風に考えるならば、このぐらいの筐体は悪くないと思います。

それ以前に、どこまで編集をやるのかということになるので、極端なことをしないならば元のスペックのままでもいけますし。

IdeaCentre K430 - 31091VJというLenovoの商品も良いかなとってます。Webストアでのクーポンを使えばかなりお得になりますし、個人的にはデザインも格好良いなと思ったり。

LenovoというとThinkPad=ノートPCというイメージが強いですが、デスクトップも悪くない感じです。

各社動画編集を楽々こなせるワークステーションもありますが、それは予算にゆとりがある方が選ぶべきではないかなと。

あくまでもこのブログは最小限の投資で動画編集をというテーマですので。

※内部パーツの交換や増設はメーカー保証を捨てるという自己責任です

ノートであるならば編集はお遊び程度と考えて、同じくDELLで言うならばInspiron 14zとか良いかなと思います。このサイズで光学ドライブ搭載ということで完全にオールインワンですし、値段もお手ごろですし。

自分の場合、パワフルなデスクトップと軽作業のノートという併用、それにバックアップの意味も兼ねてMac miniがBootcamp状態であるのですが、デスクトップとノートのそれぞれの特徴をちゃんと活かせるものを選んだ方が良いと思います。

なので、自分はノートに関しては最近ではUltrabookしか興味ありません。Macbook Airで書き出し以外の作業であれば一応できるということもありますし。

Macbook Airの場合は、全てがSSDですが、SSDとHDDの併用をしているWindowsの各社Ultrabookは魅力を感じます。

最近発売になったLenovoのThinkPad X1 CARBONであるとかHPのENVY SPECTRE XT 13-2014TU パフォーマンスモデル(Premiere Elements/Photoshop Elementsプリインストール)なんていうのも良いなと思います。

HP Directplus オンラインストアでも、自分の場合で言うならば、Premiere ElementsもPhotoshop Elementsも持っていますし外付けの光学ドライブで良いのでThink Pad X1 CARBONが一番魅力がありますが、そのあたりは個々の状況、趣向次第でしょう。

各社リンクとDELL XPS 8500のプロモーション動画を貼っておきますので、個々にあったものを探してみてください。

デル株式会社
                       

0 件のコメント:

コメントを投稿