プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年9月24日月曜日

PowerDirector 11

いつの間にやらPowerDirector 11が出てました。。。つまり、PowerDirectro 10での実験中止で11にしないと。

まだ使ってませんが、サイトを見た限りで良いなと思ったのはリップル編集。

『トラックに配置されたクリップを削除する際、他のクリップの位置が影響しないようにするか、削除したクリップに合わせて間隔を詰めるかを選択できるようになりました。 』

って、これはPremiere Proとかだったら普通のことなんですが。

もともと勝手に合間を詰めてくれる機能って自分はやりにくくて、プリセットで何でもかんでもカットがつながっていってしまうと、ブロックごとの編集をしての前後の入れ替えが面倒なので、この選択が可能っていうのはありがたい話です。

動作環境は以下のようです。(重要な箇所のみ抜粋)

OS

Windows 8,7, Vista, XP (最新の Service pack を適用して下さい。)
⇒もうWindows8に対応しているようですが、そもそもWindows8ってどうなんでしょうね?自分はWindows7が気に入ってますし、なんとなく、何の裏取りもない感覚のみですが、XP=7、Vista=8になりそうな気がしてしょうがないんですが。

CPU

フル HD ( H.264 及び MPEG2 ) の編集と書き出し: Intel Core i 5/7 または AMD Phenom II X4 以上
AVCHD 及び BDMV 形式での書き込み: Intel Core 2 Duo E6400 または AMD Phenom II X2 以上
2K/4K/3D 動画の編集: Intel Corei7 または AMD Phenom II X4 以上、64 bit OS で 6 GB 以上のメモリーを使用
⇒高画質処理はCore i5以上というのは当然として、書き込みのみCore 2 Duoとなってますが、書き込みのみの人っていないのでは?

メモリー

32bit OS: 3GB 以上
64bit OS: 6GB 以上
⇒64bitで8GB以上にしておくのが無難でしょう

グラフィックカード

1 GB 以上の VRAM
⇒下記のグラフィックカード実例との兼ね合いですが、VRAM1GBってPremiere Proと変わらないレベルで、Mercury Playback Engine使えるレベルってことですね。

NVIDIA:

GeForce 600 シリーズ
GeForce 8500GT/9800GT and above
GeForce GT/GTS/GTX 200/400/500 シリーズ
⇒自分は最近発売されたGeForce GTX650が気になってます。というか、GTX470から買い換えようかな?と悩んでいるところです。

AMD / ATI :

AMD APU Family with AMD Radeon HD Graphics: A-シリーズ, E2-シリーズ, C-シリーズ, E-シリーズ, G-シリーズ
AMD Radeon HD Graphics: HD 7000 シリーズ, HD 6000 シリーズ
ATI Radeon HD Graphics: 5900 シリーズ, 5800 シリーズ, 5700 シリーズ, 5600 シリーズ, 5500 シリーズ, 5400 シリーズ
ATI FirePro Graphics
ATI Mobility Radeon HD: 5800 シリーズ, 5700 シリーズ, 5600 シリーズ, 5400 シリーズ
ATI Mobility FirePro: M7820, M5800
⇒自分はNVIDIAを使っているのでAMDは詳しくないのでお勧めを選べません。。。


0 件のコメント:

コメントを投稿