プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年10月16日火曜日

Premiere ProでMerucury Playback Engine正式サポート外のグラフィックカードを使う場合

最初に書きますが、もし本文と同様の作業を行うという場合は自己責任において試して下さい。
本当は細かく確認作業をなどというのがありますが、ここでは最も手抜き作業をご紹介します。
 
Premiere ProでMercury Playback Engineにて正式にサポートされている以外のグラフィックを使う場合、下記の手順で設定をすると使えます。
 
※VRAMが896MB以上、普通に売っているもので言えば1GB以上ないとMercury Playback Engineは使えないそうです
 
※Mercury Playback Engine詳細は英文ですが下記サイトがお勧めですhttp://www.studio1productions.com/Articles/PremiereCS5.htm

【Premiere ProdeMercury Playback Engine正式サポート外のグラフィックカードを使う手順】

1.プログラムファイル内のAdobe⇒Premirere Proフォルダへ
2.フォルダ内にあるcuda_supported_cards.txtファイルを開く
 
 
3.そのファイル内容に新しく追加したいグラフィックカードの型を追加で記入
 ※GeForce GTX 650 Tiというのが自分が追加した箇所




















4.デスクトップ右クリックからNVIDIAコントロールパネルへ
5.3D設定の管理⇒プログラム設定でPremiereを選択
  ⇒マルチディスプレイ/ミックス GPU アクセラレーションを互換性パフォーマンスモードに


















これでPremiere ProdeMercury Playback Engine正式サポート外のグラフィックカードを使うことができるようになります。

正式サポートであるGTX470からサポート外のGTX650 Tiに変えても自分の場合は今のところ何の不具合も生じてはいません。
 










0 件のコメント:

コメントを投稿