プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年12月30日日曜日

Lenovo T430s 動画編集レビュー1

本日、日付的には昨日ですがLenovo T430sが届きました。

さっそく立ち上げてみると、相当な速さで起動。自分の持っているMacbook Air 2011と互角です。これはSSD仕様だなと思いつつスペックをまずはチェックしました。

CPU インテル Core i7-3520M プロセッサー (2.90GHz, 4MB, 1600MHz)
グラフィック インテル HD グラフィックス 4000
メモリ 16GB PC3-12800 DDR3
SSD 128GB ソリッド・ステート・ドライブ

※型番であった2352CTというのはマザーボードのところで確認しましたが2352CTOでした

この時点で思ったのは、2コア4スレッドの上限に近いCPUと16GBのメモリがあるならば、編集に困ることはないだろうということ。

このレビューのガイドを最初に書いておきますが、編集用としてノートでどこまでできるのか?というのがテーマで、ベンチマークテストなどの数字などは調べたり気にしたりしません。実務レベルで使えるかどうか、それで何が作れるのか、ということにします。

また、編集というのはエンコードを中心とした作業ではなく、あくまでも構成に則ってスムーズに映像を組み上げられるのか、書き出し(エンコード)でどれぐらいの負荷が掛かって温度が上がってしまうものなのか、そういった部分にフォーカスします。

ということで、早速Premiere Pro CS6をインストールしましたが、特にストレスなくすぐに完了。ソフトの立ち上がりもSSDということで非常に高速です。

今回のLenovo T430sのスペックではグラフィックがインテル HD グラフィックス 4000ということでMercury Playback Engineには対応不能ではありますが、極端なエフェクトを掛けない限りは編集に問題はないはず。ただ最終的な書き出しでCPUとメモリに負荷が掛かるだろうなという感じです。

Lenovo T430sがSSDの128GBですし、そもそも内蔵に動画を取り込んでという作業はしないので、USB3.0対応フラッシュメモリで動画を読み込みつつの作業にしました。

また、Core i7搭載モデルのみThunderbolt/Mini-displayポートがあるのですが、Firewire(IEEE1394)への変換ケーブルを使えば、HDVカメラからの取り込みも可能だと思われます。まだ実験していないのですが、最近のAVCHDカメラであればどのノートでも取り込みは簡単ですが、過去の資材を活かしたい、使わなくてはならないという場合にはこれは非常に重要なポイントです。今Firewire(IEEE1394)搭載のノートはほとんどありませんので。

今回の編集に使用した動画素材はAVCHDとHDVから取り込み済みだったmpeg2。

詳細は次回書きますが、編集そのものは余裕でした。書き出しの際の温度は最高でCPUとマザーボードが80度を超えましたが、これはノートPCでは致し方ないこと。

ということで続きはLenovo T430s 動画編集レビュー2で書きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿