プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2012年12月30日日曜日

Lenovo T430s 動画編集レビュー2

動画編集の場合、最も重要なのはCPU。

続いてメモリや外付けのインターフェイス、グラフィックはその次だと自分は思っています。

Premiere Proの場合、Mercury Playback EngineというnVidiaのグラフィックを使用しての高速化があるのですが、それが機能しなくてもCPUがしっかりしていればどうにかなります。

また、SSDの容量がというのも別にOSとソフトが入っていれば良く、Cドライブにソフト、外付けドライブ1として動画素材、外付けドライブ2として書き出し先、となっていれば良いものなので。これがデスクトップ、タワーであれば外付けでなく内蔵2台でも良いですがノートですので外付け前提で。

Lenovo T430sであれば、USB3.0の外付け2台も可能ですし、Thunderboltの外付けも使用可能。

ということで、今回のLenovo T430sはその点において不安はほぼない状態でのスタートです。

■CPUは2コア4スレッド
■AVCHDとHDVの混在するラインにテロップと音楽を敷いたものからF4Vに書き出しているところ
■Premiere Proの書き出しの設定でパフォーマンスではなくメモリ重視に
■書き出すファイル形式によってCPUの負荷は変わりますし、Mercury Playback EngineによってGPUを有効利用できないのでCPUとメモリに負荷が掛かります

問題点とまではいきませんが、ノートPC全般、Mac miniのように省スペースのデスクトップなどでは内部温度が高くなります。編集時は50度前後ですが、書き出しの際には60度~80度の間、概ね70度台になってました。ちなみに自分のメインであるタワーでは同じ書き出し作業でCPU温度は60度前後が普通です。
書き出しに際してCPU使用率が100%近いというのは普通のことで、書き出すファイル形式や尺によってはもっとメモリを使いますが、今回は4分程度のものの編集をしただけなので対してメモリを使わず。
 
Lenovo T430sの場合、薄型設計のためにもっと内部温度が上昇してしまうのでは?と危惧していたのですが、ホームビデオ程度の軽い編集であれば、またそんなに頻繁に編集を行わないのであれば全く問題ないのではないかと思います。

グラフィックが独立していればもっと書き出しにスピードが出ますが、状況によっては発熱が高くなるということもあるので、極端なストレスがない状況で動くならばHD4000とかでも構わないかなとも思います。またHDDよりもSSDの方が発熱が低いということも考えれば、SSDとHD4000の組み合わせというのも悪いものじゃないように思います。
 
また実験として編集としては非常に重たい加工となる3Dの動き、チルト、スウィベルなどを掛けてみましたが、それでも固まることはありませんし、フル画質であると少々カクつく感じがありましたが、1/2のプレビュー画質にすれば全く問題ありませんでした。
 
その辺りはLenovo T430sで今回制作した動画と一緒に後日動画ですべてまとめてアップします。
 
また、まだPremiere Elementsはインストールしていないので、そちらでも実験しようと思います。特にPremiere Elementsの場合、重たいだとか画質が悪くなるだとか評判が思わしくない部分もありますし、ソフトの値段的にもPremiere Proよりも一般に使うと考えれば現実的なので、そちらを中心に今後は実験していく予定です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿