プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年2月9日土曜日

HP ENVY dv7-7200/CT 東京生産カスタムモデル

会社の業務用動画編集ノートPCとしてHP ENVY dv7-7200/CT 東京生産カスタムモデルを購入しました。

またしてもHPなのですが、今回の理由はサイズとオプションです。

Lenovoを先日お借りして良いなと思っていたのですが17インチというのがないので、今回は選択肢から外れ、DELLとHPとの2つから選びました。

そもそも今回購入のものは自分が使うのではなく同僚が使うのがメインで、同僚は映像はわかっていますが、編集をすることは多くないのでデスクトップではなくノートで、ただ、画面が小さいと面倒だし、モニタを外部にというのも面倒だということで17インチで探しました。

現状ではDELLはBlu-rayが選べなかったりメモリも8GBまでしか選べなかったりと構成に自由が利かなかったのに対してHPはひとまず欲しいものは片っ端から付けられて値段もそう変わらないという状況でした。

今回購入の主要パーツのスペックは以下です。

HP ENVY dv7-7200/CT 東京生産カスタムモデル

OS:Windows8 64bit
CPU:Core i7 3630QM
メモリ:16GB
HDD:750GB
グラフィック:Geforce GT 650M(2GB)
光学ドライブ:BDディスクドライブ

メモリの16GBとBDドライブはあとから自分で増設できますが保証の対象にならなくなってしまいますから、法人名義だと厳しいですし、グラフィックがPremiere Pro CS6でGeforce GT 650MがMercury Playback Engineに正式に対応しているみたいなので、最初の段階でこれだけ盛り込んでも10万を切る値段ですから、まあ、良い感じです。

HDDよりもSSDの方が発熱とかでは良いと思いつつ、まあ、それも750GBもあればパーティションをCドライブ200GBぐらい、Dドライブ500GBぐらいに分けて、あとは外付け1台でという作業もできなくはないので良いかなとも。

まだ届いていないので使用感などは追ってですが、もう一台は必要な感じがあり、そっちはサイズは14インチとか15インチとかでも良いかなと思っているので、そのときはLenovo、DELL、HPでまた状況を見つつという感じになりそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿