プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年3月25日月曜日

Premiere Pro CS6/Adobe Media Encorder CS6 エンコード比較

先日、突然にAdobe Media Encorder CS6が起動できなくなりました。

APPCRASHという状態でWatchFolder.dllというファイルが問題のようでしたが解決策がしばらく見つからぬまま。

再インストールしてもまるでダメ。残るはOSのクリーンインストールから全部?という感じでしたが、ライセンスのあるソフトを片っ端から認証解除して再インストール。ネットの設定やらなにやら…と考えたら、編集が立て込んでいる今、できるわけがありません。

さらには、通常の書き出しはPremiere ProでそのまましてしまうのでMedia Encorderが使用不可能でもそんなに困ることはないですし。ただ、何種類もいっぺんに書き出しをという際に、Media Encorderの方が楽なので、そのシチュエーションの場合のみ、Media Encorderがないと少し困ってしまいます。

という状況で、複数ファイルをまとめて変換という単純作業をしなくてはならなくなり、ネットで調べまくった結果、日本語で役に立つ情報は一切なし。ようやく海外の英語で復旧方法を発見しました。

どうやらプログラム内にあるWatchFolder.dllではなく通常、隠しフォルダとなっているAPPデータ内の方を書き換えてやればどうにかなるそうで、早速実験。

情報どおりの手順でたどり着きはしたのですが、「WatchFolder」ではなく「情報~」というような日本語名だったり。

これをリネームすれば大丈夫とのことでしたが、日本語打ち直しで本当にOK?

参考は英語なので英語を打ち変えてるはず。

でも、自分は日本語でPremiere ProやMedia Encorderを使っているわけで。

とりあえず、考えても埒が明かないので思い切って英語名にしてみたら、無事解決し、それ以降、動いています。

以下、その説明の引用です。
My apologies for not replying to your post at the beginning of the month. I've allowed my inbox to get overgrown, and the forum email got lost in the weeds.
Given that the crash report points in the direction of watch folders, I suggest starting by renaming Watch Folder Info.xml, which you'll find here: C:\Users\<username>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Media Encoder\5.0. (If you can't see the AppData folder, you'll need to do the following in Windows Explorer: press Alt+T to open the Tools Menu; select Folder Options; go to the View tab; switch Hidden Files and Folders to "Show Hidden Files...")
Renaming the file will effectively clear all watch folders settings. Now see if AME will launch and run. If so, then either something was wrong with the watch folder settings or one of the watched folders contains a file that is causing AME to choke.
If you'd like my help troubleshooting this in person, please send me your phone number along with some time slots that will work for you. My e-dress is mapes *at* adobe [dot] com
ところで、今までは全く気にしてなかったんですが、どうもMedia Encorderの方がPremiere Proから書き出すよりも遅い。

気になって同一ファイル書き出しにて実験をしてみました。

内容は、AVCHD 1080(60p)とMPEG2が混在する編集ライン、複数画像を重ねてミュージッククリップだったのでエフェクトもあり。

それをF4VのHDフルサイズにて書き出したら、Premiere Proではほぼ実速なのがMedia Encorderでは3倍ほど時間が掛かりました。

ひょっとして無理やり治したから?とか思いつつ再度実験。

今度はタスクマネージャーでCPUやメモリの使用率、自分が使っているグラフィックのファン回転数などをコントロールできるMSIのアフターバーナーというソフトでGPUの使用率などもチェックしてみました。

すると、Premiere Proでの書き出しの際にはGPUを最大90%以上、アベレージで70%ぐらいは使用してるのに対して、Media Encorderでは10%程度しか使用していませんでした。

また、メモリに関しても差があり、Premiere Proでは7GB~8GBのメモリを使っていたのに対してMedia Encorderでは10GB程度のメモリを使用。

なぜ?と思いつつ、そんなソフトの裏側など知る由もないので、深くは追求していません。

でも、どう考えてもGPUを有効に使ってくれなきゃ意味がないということだけは明確です。

Media Encorderの設定が必要なのかどうか、これから調べる予定ですが、とりあえず、Premiere Proで直接書き出しておけば良いことなので、当分調べなさそうな気もしたり。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿