プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年4月22日月曜日

Lenovo ThinkPad Edge E430 レビュー#1

またしてもLenovoのノートPCをお借りすることができました。

今回のLenovo ThinkPad Edge E430は以前、知人がPCを買い換える際に勧めたものですが、そのときは、動画編集をしない普通の使い方ということでCore i5のものでした。

今回お借りしたLenovo ThinkPad Edge E430はCore i7 3612QMという4コア8スレッドを搭載、グラフィックはIntel HD Graphics 4000ですが、メモリは8GBなので、十分編集しやすいものです。

ということで、細かなことは後回しにして、作らなくてはならなかったものを早速Lenovo ThinkPad Edge E430で編集してみました。

下の動画がそれになります。




これはスタジオとVTRという構成のものですが、出しVの部分の編集をLenovo ThinkPad Edge E430にて行いました。

一応ですが、無償でライブハウスやミュージシャンなどと一緒にやっている配信ですのでライツは問題ありません。

で、このVTRはUSTREAM用で、SDのクオリティで配信なので最終的に出しVはMP4のSDへのダウンコンでした。

AVCHD素材をそのまま編集してMP4へのダウンコンの作業でボトルネックとなったのはグラフィック。

同じ作業を編集用メインとして使っているデスクトップでも行いましたが、その際にGPU使用率は99%となる時間がかなり多く、同時にCPU使用率も80%を常に越えている状態の作業でした。

これを独立型グラフィック非搭載のノートでやる場合はどうなるのかと言えば、Premiere Pro CS6というソフトでしかやってませんので、その場合ですが、Mercury Playback Engineが使えないのでCPUが必死に頑張るしかなく、その分エンコード時間は増え、CPUも本体も熱を持つと。

でも、エンコードそのものは可能です。今回のものは言っても4コア8スレッドのCPUを搭載していますし。

ただ、この作業が多くなればノートPCの寿命は確実に短くなるだろうなとは思われます。

いつも書いていることですが、前提が「たまにホームビデオなんかを編集する」ということであれば、無理やりにダウンコンバートする必要もないわけですし、AVCHDのまま編集が行えて一本化して書き出せれば良いわけですから、とりあえずは問題なく使えるという感じです。

今、業務で個人用の動画ワークショップを近々開催?という流れで、その場合の準備する一般的ノートPCを模索中なのですが、独立型グラフィック搭載か非搭載かで値段も変わってしまいますし、教える相手が個人で新しく買おうというときにグラフィックまで気にしてとなると大変だろうなぁとも思ったりするので、このLenovo ThinkPad Edge E430クラスというのは一つの目安になると思います。

このLenovo ThinkPad Edge E430に関しては、明日別の撮影があり今週中に編集があるので、その動画編集も行ってレビューを続けます。


0 件のコメント:

コメントを投稿