プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年4月8日月曜日

Macbook ProでMercury Playback Engine

現在、仕事で企業用動画編集ワークショップをしています。

これは集団の生徒たちに教えるというようなものではなく、個別に社内にて動画を作ることができるように各社社内の社員さんに対して教えるというものです。

ちょうど今やっている方がMacを使っており、Macbook Pro Retinaの15インチ、Geforce GT 650Mの1GBというグラフィック搭載のものなんですが、その方が元から持っていたPremiere Pro CS5ではGeforce GT 650MがMercury Playback Engineに対応していません。

その方はプログラマーが本業で、社内で映像を作ることを担当されることになったんですが、何が凄いって、自分よりもはるかにMacというOSを知っているので、編集以外の側面で自分の方が勉強になることも多々。

ちょうど、昨日も終日一緒に編集を行っていたのですが、そのときに無理やりPremiere Pro CS5にてMacでGeforce GT 650MをMercury Playback Engineに対応させることに成功しました。

と言っても、自分は情報を探してきただけで、ターミナルなど使って設定したのはその方です。

Windowsと違い、Macの方がそういう書き換えは非常に面倒で、自分個人ではほぼ不可能。

とりあえず、簡単に説明を書いておきます。というか、見つけたものの思いっきり引用です。

Instructions for Mac Users.
NOTE: We have NOT tested the unlock on the Mac system. We have had a couple of users tell us this is how they unlocked there video card on their Mac systems. If you find something incorrect with the Mac instructions, please drop us an email with the correct information. 
Please understand, I do not have access to a Mac, so I can't help you if you have a problem. I am sorry about that.
1) Install Premiere CS5 first.
2) Install the latest CUDA drivers for Snow Lepoard
2) Once installed, go to System Preferences / CUDA and accept the update, IF THERE IS ONE.
3) Intall the latest Nvidia Drivers.
4 ) Find out the Name of your video card from Premiere
5) Open a terminal emulator (NOTE: you may need Root Access)
5A) Go to the spotlight, type TERMINAL, press enter.
Most of the time, for standard installations, the following should work.
5B) Now on the terminal type:
/Applications/Adobe\ Premiere\ Pro\ CS5/Adobe\ Premiere\ Pro\ CS5.app/Contents/GPUSniffer.app/Contents/MacOS/GPUSniffer
The "uppercased" words might be different for your instalation of CS5, find out yours, do not just simply copy and paste.
If you need to look for the actual place where premiere was installed, type:
/Applications/FOLDER\ FOR\ PREMIERE/PRO\ INSTALLATION\ Pro\ HERE/SOMETHING\ Premiere\ Pro\ CS5.app/Contents/GPUSniffer.app/Contents/MacOS/GPUSniffer
6) You get an output similar to Step 5 under the Windows section.
If it says somewhere that CUDA devices have been found you are lucky and you can use this capability.
7) Look for the name of the video card as you would in step 5 under the Windows section.
8) DO NOT CLOSE THE TERMINAL
9) Now let’s add your card to the list of supported cards.
10) On the terminal type:
sudo nano /Applications/Adobe\ Master\ Collection/Adobe\ Premiere\ Pro\ CS5/Adobe\ Premiere\ Pro\ CS5.app/Contents/cuda_supported_cards.txt
A new window appears, here, simply type in the name of the video card that you got from following step 7 just above.
11) Now Press CTRL + X
ANSWER "Y" (stands for YES, I want to save the file)
Press enter until you get out of the editor.
12) Now start follow steps 28 through 30 under the Windows section.
UPDATE:
The latest GPU drivers are confirmed to work and it is a recommended update.

ターミナルにて上記の10番を書いたところ、書き換えさせないとMacに言われ、自分なら確実にそこで諦めなんですが、その方は余裕で書き換えてやってました。

しかし、それだけでは機能せず、nVidiaのホームページでGeforce GT 650M用のドライバーを探したらMac用は見つからず。

一体どうすれば?と思って再度検索したらMac用のnVidiaのドライバーっていうのは全部セットになっているらしく、そこを発見。以下がそこへのリンクです。

http://www.nvidia.co.jp/object/GeForce_MacOSX_18.5.2f16_jp.html

これをインストールしてPremiere Proを再起動させたら見事にMercury Playback Engineが使えるようになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿