プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年4月8日月曜日

ノートPC買い替え

買い替えと言っても「買い換えたい」という衝動に駆られていたというだけです。

でも、Macbook Pro Retinaモデル、最上位CPUで8GBメモリでの編集にてノートの限界を再度感じ、どうせ厳しいなら、ほとんどノートで編集することないからブログのことも考えてMacbook Airのままで良いやという結論に達してしまいました。。。

先日まで色々と考えていたのはMacbook Airの買い替え。

256GBのSSDにしてもう少しBootcampにゆとりを持たせたいというのと、4GBのメモリじゃどうにもならない・・・というので8GBのメモリに、というわずかながらのスペックアップ、それにUSB3.0の方が早いしというのもあったんですが、Macbook Pro Retina 15インチの上位でもエフェクトで引っ掛かったりするのを見て、買い替え必要なしという気になりました。

もちろん、少しでもスペックが高い方が良いに決まってるんですが、自分の場合、編集用のWindowsデスクトップが自宅に一台、会社に一台あるので、出先で急な編集をということ以外ではノートで編集するのはブログやサイトへの情報のため程度ですし。

あらためて現状の自分のMacbook Airのスペックを書くとCore i5でIntel HD3000。しかもSSDはわずか128GBをMac60GB、Windows7を60GBという状態にわけてあり、非常に編集としては不向きな状態です。外付けはThunderboltが付いているので使えば早いのでしょうが、Windows機に付いていないので持ってもおらず、USB2.0。

その上、持っているPremiere ProがWindows用のため、Bootcamp上のWindowsで使うというのもあったり。

Lenovoのレビュー機をお借りするたびに、素直にWindowsのモバイルPCにでも…と思ったりもするんですが、MacとWindows間でのWindowsで読み込めないMacのフォーマットで預けられてしまう外付けHDDとかのデータをスムーズにとか考えると、どうしてもMacのノートを持っていた方が、というのもあったり。

という中で、もし、今自分がデスクトップPCもないという状態でノートですべてをというならば、Macbook Proの15インチ、Retinaモデルではない方のGeforce GT 650Mが1GBのやつを買うかなと思います。

この間、そのモデルは単体モデルとして吊るしのラインナップから姿を消してしまいましたが、アップルストアなどでカスタマイズすれば購入可能。

でも高いので、中古を探すのも一つ。これをDVDドライブを取ってしまってSSDとHDDにするも良し、とか思ったり。

これならばWindowsをBootcampで入れても余裕ですし、メモリも自分で好き勝手増設できますし。

中古価格
¥134,999から
(2013/4/8 01:17時点)
とりあえず、中古Macに関してはまずはソフマップを見て相場を確認。というのが自分の常なのですが、このMD104J/Aというのは、吊るしから消えたとたんに中古相場が1万~2万ほど跳ね上がりました。。。

が、やっぱり今、買うとすればこれかなぁと思います。

ソフマップ・ドットコム

0 件のコメント:

コメントを投稿