プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年5月22日水曜日

ThinPad Twist

今お借りしているThinkPad X230と同じ12.5インチということでThinPad Twistというのもご紹介します。

これは、以前お借りして使ってみたIdeaPad Yogaというのと同じタイプで、タブレットモード、ラップトップモード、スタンドモード、テントモード、など4つのモードを簡単に素早く切り替えて、利用することができるというものです。

マルチタッチディスプレイなので、Windows8向きという感じです。 動画編集はと言うと、使っていないのでスペックからとなりますが、CPUがCore i5-3337UやCore i7-3537Uなどのモバイル用低電力のものでしかないですし、メモリも上限が8GBというものですが、Macbook Airみたいなものだと思えば、Premiere Proでも動かすことは可能です。

もちろん、快適ではないですが、その他の使い勝手を考えれば、かなり使えるような気もします。

たとえば、簡単な動画編集を行って、それをタブレット型として持ち出して見せることもできるでしょうし、仕事のプレゼンでも使えるでしょうし。

自分のように動画編集というのが主なPCの仕事であれば、PCが存在すれば良いので、そうなるとWindows7の方がシンプルで使いやすいという感じがしますし、OSが軽くなったと言われても、もともと動画編集可能なスペックのPCを使っているのでOSを重いと感じたことなどなかったりなので興味がないのがWindows8ですので、個人的にはWindows7の方が好きなんですが、Windows8を使いこなすという意味では、このThinPad Twistや以前お借りして使ってみたIdeaPad Yogaのようなものは良いのではないかと思います。

その中で、なぜこのThinPad Twistをピックアップしたのかと言えば、ズバリ、値段です。

Windows8の使い勝手は個々の感覚ですから、その分は考えないものとして、このThinPad Twistのような完全なタブレットとモバイルPCの中間的存在が出てくるきっかけとなったという意味ではWindows8で色々と変わったという感じがします。

0 件のコメント:

コメントを投稿