プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2013年7月17日水曜日

HP ENVY dv6-7300/CT SSD搭載Win7に 

先日購入した HP ENVY dv6-7300 iconはWindows8でしたが、そのOSが非常に気に入らず。

単に編集用としてワークショップで使う分にはかまわないですが、一台は自身が通常は会社での通常業務にも使うので、SSDに変えてWindows7を入れました。

その前にWindows8.1も試しましたが、結局はWindows8だとしか感じない結果でした。

OSの好き嫌いは個人によるものですが、自分としてはWindows7からWindows8に移行するぐらならMacに移行した方がわかりやすいんじゃないか?と思うぐらいです。

一応書いておきますが、SSDだのWindows7だの、すべてサポート対象外になります。

それ以前にメモリの増設もサポート対象外になるそうなので、まあ、どのみちなるなら、それで構わないということで自分は迷うことなくWindows7にしちゃいました。

ちなみに、自分が今回買ったのはDSP版のOS。

ツクモで PX-256M5S + Windows 7 Home Premium 64bit SP1 DSP版 DVD-ROM セット ※期間限定特価 PLEXTOR SSD限定セット!というのを買いました。

ドスパラだとDSP版がすでに在庫なしになってたのでWindows7を買うなら今かなと思います。

ついでに HP ENVY dv6-7300 iconのメモリはSAMSUNGの低電圧版のやつで、メモリを増設するに際してそれに合わせるために同じものであるARCHISS AS-1600D3NL-4G-S というのを買いました。

ワークショップ用は4GB×1枚という構成で買ってましたので、合計9枚は必要。そこそこのものなので激安ではないですが、ある程度のものを用意しておいた方が良いので迷わず購入。

その手前で同じHPの17インチのものを会社で買っていたので、そっちの16GBのメモリを自分用には入れる予定。

と前置きが長くなってしまいましたが、SSD+Windows7にした結果としては非常に好調です。

ただ、その手順でいろいろとやらなきゃならないことがありましたので、それは別の記事にて書きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿