プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2014年5月14日水曜日

個人用WSより②

まず最初に、今回のワークショップは最終目的が吹奏楽部の活動、とくに発表会のDVD化ということで、Premiere ProだけでなくEncoreまでをまとめてというのが前提です。

また、EncoreでDVDにするという時点で、最終的にはフルHDではないということ、そして発表会で友人のご両親よりもらった素材なども合わせて使うという状況です。

ここで重要なのは、こういう場合は、撮影そのものは定点となり、ちょっとした加工で、やったっぽく見せるということ。

Premiereでやる作業は意外にシンプルです。

むしろ、Encoreでメニューを作ったりチャプター再生リストを作ったりということの方がやることが多かったり。

今回の方は、ご自身でサイトを作ったりということもでき、最低限度Photoshopもご存知でしたから早かったですが、DVDでメニューを作るというのは動画編集とは別にサイト制作に似ているように自分は思ってます。

ということで、まずシンプルにPremiereで教えたことを列記しますと

①画面の拡大縮小
②定点カメラからのズームとパン
③無駄な箇所のカット
④テロップ

というところだけです。

実はこれらって、Premiereの分割モニター左側のエフェクトコントロールさえ使えばあとはテロップ作る程度のこと。

それでもかなり単なる定点とは変わります。

0 件のコメント:

コメントを投稿