プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2014年12月27日土曜日

Premiere Pro CS6での4K書き出し

SONYの4KカメラAX100を調べたついでにPremiere Pro CS6にて4Kをどのように書き出すか、というのを調べました。
ひとまず、ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社のプラグイン、下記のダウンロードソフトを購入すれば良いと。

Video Edit Components for Adobe Premiere Pro CC(Windows版)
Video Edit Components for Adobe Premiere Pro CC(Mac版)

Video Edit Components を組み込むと、Premiere Pro で以下が可能になるとのこと。
  • ソニー製カメラ準拠 AVCHD / AVC MP4 / XAVC S フォーマットファイルの出力
  • スマートレンダリングによる高速、高画質な出力
  • GPU を利用した高速なエンコード
NVIDIA製高性能グラフィックアクセラレーターのCUDA(Compute unified device architecture)が利用できる環境では、CUDA エンコードを選択できると。
また、Intel Quick Sync Video が利用できる環境では、一部の出力を除いて Intel Quick Sync Video でエンコードを設定もできると。(ただし、スマートレンダリングとの併用はできないとのこと)

でも、GPUエンコードは、Windows版のみで利用でき、Mac版では非対応。
さらに、GPUエンコードは、 XAVC S フォーマットの出力には非対応。

なので、MacではなくWindows、そしてAVCHD、もしくはAVC MP4にて書き出してPCでの閲覧、ネット用、というのならかなり有用なソフトな気がします。
まあ、エンコードをGPU無視でどうにかするというのならば、それはそれで、ですが。

MP4での書き出しだけであれば、以下のソフトでも可能だと。
これはAX100などのクーポン同梱編集ソフトです。

Sony Movie Studio Platinum 13

自分は、そういうソフトはあまり使わないので苦手ですし、決して安くはないので、どうせだったらPremiere Proのプラグインにするでしょうが。

そもそも、番組で4Kの企画をというのも来たりしているのですが、4Kテレビというハードが一般の視聴者にとって必要なのかどうか、という疑問があったり。 先日、仕事で納品した結婚式、披露宴のBlu-ryaは普通のフルHDでしたが、「すごく綺麗でしたね」とテレビで見て喜んでもらってたぐらいですし。

自分のように仕事で映像という人間は、実験がてら、というのもありますが、一般に必要かどうか。。。

確実に必要な方は、選考してAX100など買って、あとから編集したいな、という人でしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿