プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2015年1月5日月曜日

ワークショップのあり方

このブログではなく、編集パソコン.comというサイトのアクセスを見ていて、かなりの遠方からワークショップに関して見ていらっしゃる方などがいたりして、いろいろと考えてます。


昨年春にワークショップとして編集を教えた方は、近隣ではないですが、隣接県お住まいでした。


そこからいらっしゃるのも楽ではない、ということでしたが、実質、編集そのものを教えたというのは3回程度でした。


あとは、ご自身で編集されたものを途中の段階で送っていただいて、どのようにアレンジができるのか、ということを都度メールでやり取りしつつ、というのが延々続いています。


では、そのやり取りは仕事なのか?と言えば、自分としては仕事ではなく、ワークショップという形で出会いましたが、新しい知人、友人として手助けしている、みたいなものです。


実際、編集を学んだとして、作るものは千差万別であって、しかも、作業としてソフトを動かすことは意外と単純で、むしろ構成を考えるためにどうするか?という方がずっと続くテーマなので、何回教えたから終わり、などということはまずない話です。


で、なぜこんなのを書いているのか、と言えば、もし遠方でワークショップに興味を持たれた方がいらっしゃったら、とりあえずご連絡をいただければ、どうにかできないか考える、というつもりです、ということを書こうと思ったわけです。


別に、ワークショップは私、および弊社にとってメインの業務ではなく、企業の社会貢献的な意味があり、合間に人の役に立てれば、というものですので、営業などしたりもしませんので、なにか聞きたいことがあるようでしたら、ワークショップに限らず、ソフトでもハードでも聞いていただければと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿