プロ用ではなく一般の方、特にビギナーが撮影だけでなくその後の編集をどうするか?という映像編集のブログ。
編集ソフトは色々ありますが、Windows、Macのどちらを持っている方でも対応が可能ということで
Premiere Proを中心にパソコン本体についてなども書いていきます。
また、撮影機材やワークショップのことなど、そして、インターネット用の動画というテレビとは違う
格安で手軽に作る動画のことなども書いていこうと思っています。

2015年1月10日土曜日

インターネットで動画を使う②

インターネットで動画を使う場合、Youtubeなどで公開するか、自身のサーバーに入れてとするかだと思いますが、私はYoutubeの方を勧めています。

SEOなどを別途かけていて、動画再生に関してもこと細やかにデータを集積できるのであれば、自身のサーバの方が安心とも言えますが、実際に、Youtubeにアップして悪用されるのか?という部分で、わざわざ個人企業やお店のPR動画を改ざんする意味などない…と思うからです。

また、Youtubeは実はかなり役立つデータを提供してくれます。

Youtube内の他の同じ程度の尺の動画との視聴者維持率の比較であるとか、どこから見に来たのかなど、そのデータがあれば、だいたいのことはわかります。

また、不特定多数が見る、と考えた場合、小さな存在である1サイト内に来ない限りは見られないものとYoutubeを比較すれば、当然、見てもらえる確率も変ります。

もちろん、別途リスティングであるとかFacebook広告であるとか、予算をつぎ込むのであれば別ではありますが。

自分の場合、大学というクライアントもあり、そこのインターネット動画も作りましたが、その際にも結果としてYoutubeにアップしました。

これは、一般の方々が学部を選ぶ際にどんなところを中心に考えているのか、ということを洗い出したい、ということがあってです。

実際、かなり役に立つデータを取ることができています。

ですから、インターネットでPRを行う場合、データ、予算削減という部分に比重を置くのであるならば、Youtubeにアップしてしまうのが、良い方法だと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿